AVライターレビュー

sumire S-Cute KIRAY上に乗るのが好きなお姉さんの開脚SEX

非の打ち所がないプロポーションの美女が男を責める!

皆さんはその女の子がガチの“好き者”かどうか、どこで判断しますか? ボクが重要視するのはディープキスのやり方です。その観点で言えば、ただ舌を出して男のされるがままになるのではなく、積極的に舌を使うすみれちゃんは、相当に“好き”なお姉さんだと言えるでしょう。
お姉さんとひと言で言っても、やさしい誘惑系と、クールな雰囲気のムリ目系に大別されるかと思いますが、彼女は後者。男の問いかけに媚びるようなリアクションはしないし、ブラを取ってオッパイを見せるときも「どう、きれいでしょ?」という声が聞こえてきそう。これって性格が悪いとかではなく、自分に自信があるからなんでしょうね。そして、すみれちゃんには自信を持つにふさわしいルックスがある。プロポーションは非の打ち所がないし、クール系の美しい顔は小さな泣きボクロでさらに色気を増しています。きれいで自信があって、おまけに好き者なすみれちゃんは、とびっきりのイイ女なのです。


流れとしてはねっとりとしたキスに始まり、お互いの体の愛撫へと続きます。フェラは派手さこそありませんが、しゃぶり慣れている感じがエロいです。挿入は、まずは騎乗位。上になるのが好きというすみれちゃんだけに、腰使いは実になめらか。ほどよく引き締まった腹斜筋は、彼女が騎乗位で多くの男たちを骨抜きにしてきた証と言えるでしょう。その後はバック&正常位でめった刺しにされるのですが、悶え顔の色気も尋常ではありません。鑑賞後は「こんなイイ女とやりてー」と、生身の女性とSEXしたくてたまらなくなる作品です。

ABOUT ME
バルク三鷹
バルク三鷹
エロ本業界歴20年のライター&編集者。若手のころからAVページを担当し、企画から単体まで女優インタビューも多数こなしてきた。別名でエロラノベと官能小説も執筆。AVのジャンルでは、巨乳もの、ギャルものを好む。