AVライターレビュー

健全店で生殺されてアンアン言ってアピールしてたら… 桜アン

回春好きM男必見の、痴女系ハーフのヌキありエステ!


ハーフギャルの痴女優、桜アンがヌキ無しの健全エステで働く現役エステティシャンに扮し、インタビューに答えつつ秘めた願望を叶えるというドキュメンタリー風のフィクション作品。
ところが、フィクションと言いつつ、よく出来ているんですよ、この作品。というか、桜アンちゃん、本当にエステで働いてる、もしくは働いていたでしょ? と聞きたくなるほど、リンパを流すマッサージの手つきが本格的なんですわ。こう見えて(?)三度の飯より回春エステ好きで、鼠径部のリンパが滞る暇がないという私が言うんですから間違いありません。しかも、アンちゃんが演じるのは、「マッサージ中に勃起しちゃう人? 多いですよ。好きな形してると挿れちゃいたくなること……あります」という、回春エステ好きが常に抱いているイケない妄想を全肯定してくれる天使のようなエステティシャン! そして、AVに出演することで、その願望を満たしちゃいましょうという体で映像が進んでいくのですが……。
「オチ●チン、すごく大きくなってる……なんだか可哀想」
と言いながらキス&手コキで癒してくれる菩薩エステティシャンを演じたかと思えば、淫乱ギャル系エステティシャンに成りきり、
「アナルひくひくさせちゃって、オジサン変態?」
と四つん這いのお客を前立腺刺激。M男殺しの「牛の乳絞り手コキ」で焦らし発射させた揚げ句に強制手コキでチ●ポ潮まで吹かせ、痴女ぶりを遺憾無く発揮しております。


そして最後は、タオルで客を目隠しし、見られないのをいいことに「オイル足しますね」とローション代わりの唾液をチ●ポに垂らし、淫らすぎるフェラ奉仕。
「お客さんのオチ●チン見てたら我慢できなくなっちゃった。お店に内緒ですよ」
と背面騎乗位でズニュニュとチ●ポを飲み込み、パンパンと杭打ちファックするときのヒップの眺めといったらもう……まさに回春マニアが描く妄想の頂点!
本来の「抜きなし回春エステ」は、鼠径部のリンパマッサージと言いながらタマまではサワサワするものの、紙パンツの中でバッキバキに勃起した竿には触らないのがルール。それでも「もしかしたらヌイてくれる嬢に当たるかも」という下心で通ってしまうものなのですが……。こんな作品見せられたら、またダメ元でイキたくなっちゃうじゃないですか(笑)。

ABOUT ME
河合 たけけろー
河合 たけけろー
28歳のとき、スカトロ、スワッピング専門誌などのマニア誌を制作する出版社で編集者人生をスタートさせる。以後、コンビニ向けの男性アダルト誌をメインに編集業を続けて22年。職業病か生身の女相手では薬なしに勃たたないが、オナニーは大好物だという独身男だ。