AVライターレビュー

夢見照うた 3rd 『君のスペクトル』

元アイドルがスケベスイッチを入れる瞬間を特定せよ!

「お兄ちゃんのオチ●チンおっき~い」
なんていう妹系ファンシー近親相姦が、リアル妹のいるボクは苦手です。
そんな不得意ジャンルの主役は夢見照うたちゃん20歳。148センチのミニマムロリ新人で、元アイドルなんだとか。男性経験は舞台俳優ひとりのみ。初体験を19歳の8月にしてからは会うたびにセックス。アキバでサイリウム振っていたおじさんは股間の刀剣が乱舞しちゃいますね。

本編の始まりは、兄のAVとエロ本を見てオナニー、スク水に着替えてフェラ&セックス。リアルお兄ちゃんからしたら「んなことあるかい!」という展開。ここで、ボクは妄想補完計画を発動させました。

ネットで見つけた、彼女のインタビューによると
「小学校のとき、年の離れた兄の部屋でゲームをしようとしたら、AVのディスクを発見して再生した」そうです。
ん? コレ実話をもとにしたフィクションじゃね?

兄のデカチンをドMデリヘル嬢のように音を立てて舐める彼女は「私、フェラ大好きなんです! 男の人に尽くすのが好き」「プライベートで顔射も経験済み」とも答えている。ご奉仕メイドにも見えてきたぞ!!

ラストのカラミで“女優さん”をしていた彼女に“ドスケベ女”のスイッチが入る。騎乗位で腰を振りながらのベロキスで目が変わる。M字に開脚させると「見てぇ」「おかしくなっちゃう」と100点満点のアヘ顔。

「キス好きなんですよぉ」「奥まで突かれるのも好き」「気持ち良くなっているときは無我夢中で腰を振っちゃいます」「基本、セックス大好きなんで」「この業界に入っていろんなプレイができるようになったので、ヤバいくらい楽しい」――インタビューより

3000年に一度の正統派なんていわれていそうなアイドルをメス堕ちさせる達成感。そう、これは新人女優を堕とすドキュメントなんだ! ってことにしました。設定が自分に合わなければ、無理に合わせなくていい! キミはそのままでいい……。

本編動画を観る:夢見照うた 3rd 『君のスペクトル』

ABOUT ME
ブッシャー船橋
ブッシャー船橋
就職氷河期にエロ本屋に潜り込んだロスジェネ世代。同期のみひろと同様に水着グラビアからハメ撮りまでをこなし引退し、ヒモとなる。3人同時進行するも面倒になりニートへ転身。現在はシャレオツな仕事しかしない仮性包茎として活躍。好きな喫茶店はセピア。