AVライターレビュー

【個人撮影】ハルミちゃん21才☆お尻叩かれると本当はマゾだってバレちゃう…♡春休みスケベBODYを持て余すムッチリ巨乳JDギャル!尻バシバシ叩かれ即メスペット化♡乳首ビンビンフル勃起!

女子のエロ感情の高まりこそ高濃度卑猥プレイを見せる

セックスにおいて、女子がスケベなのかそうでないのかを測る要素としてあるのが、「行為中のセリフ」です。
AVでは“淫語”と簡単に言いますが、女子側から、すらすらと淫語が出てくると引きまくる人だっているのです。見るからにエロエロな美熟女さんの淫語とか。
「グチョグチョのマ●コにチ●ポを挿れて」と、語尾にハートマークやら音符つけちゃう感じの、言わされている感たっぷりで、なおかつちょっとだけ照れているパターンだと、勃起チンの硬度がさらにアップする人もいる。

セリフのみならず、セックスも音が重要なのが今作のハルミちゃんの反応を見ているとよくわかるのです。男優さんは、徐々に服を脱がしていく際に、彼女がはいているインナーがついている昨今よくあるミニスカを突っ込んだり、布面積ちっさいパンツについて語りつつ、ハルミちゃんに言わせたり。
カメラにチ●ポしか映らない男優さんが、いちいち解説してくれることによって、巨乳でも柔らかいとか、乳首が硬くなっているとか、見ればわかりそうなことまでこと脳内で加速していくわけでして、ハメ撮りらしいカメラアングルだけなのが、より生々しさを醸し出す。カメラを三脚から外す音すら愛おしく思えます(笑)

オッパイに射精してからの一連の動きが秀逸でして、お掃除フェラ→精子をオッパイに塗りまくり→パイズリと、通常のAV撮影だったならば、スタッフが駆け寄ってきそうなタイミングでの、「ハメるために出会った2人」のスケベなイチャイチャを混ぜることで、事後だってセックスなんですよと伝えてくれる。
ハルミちゃんは、愛液で湿ったパンツに照れ、カメラ目線にピースサイン付きで、「エッチしちゃいました」と、LINEだったらハートマーク連発しそうな笑顔を見せてくれるのですが、これがセックス行為以上に、最高に卑猥なのです。

本編動画を観る:【個人撮影】ハルミちゃん21才☆お尻叩かれると本当はマゾだってバレちゃう…♡春休みスケベBODYを持て余すムッチリ巨乳JDギャル!尻バシバシ叩かれ即メスペット化♡乳首ビンビンフル勃起!

ABOUT ME
麻雅庵
麻雅庵
25年前は、伝説的エロ本編集者。現在は、「AV女優にもっとも知られているAVライター」を自他ともに認められている古狸は、作品中の女優の動きを重視する。「業界座敷童子」として頑張る人たちに福を呼び、頑張らない人を不幸にする厄介者らしい。