アダルトビデオ

園田みおんの極上筆おろし 2nd 27

童貞の願望を女神・みおんが愛で包み込む大傑作

みおんちゃんの筆おろしモノは、人気シリーズ「極上筆おろし」に続いて約3年ぶり2作目。前作はユーザー評価がバリ高でしたが、今回はというと……みおんちゃん、マジ女神。童貞くんをたっぷりの愛で包み込むセックスに、完全にやられてしまいました。

今回登場する童貞くんは3人。個性の違う彼らを、みおんちゃんは仕事相手ではなく、1人の人間として接します。ちゃんと目を見て話すし、緊張でしゃべれない相手を急かしたりしない。はっちゃけすぎれば、笑顔でたしなめもする。セックス前の温かな雰囲気づくりに、人柄の良さがにじみ出ています。

巨乳、くびれ、すべっすべの肌。男の妄想を形にしたような極上の女体に、童貞くんたちは金縛り状態。ところが「恥ずかしい」と顔を赤らめたり、パンツを表裏まちがえてはいていたりと、隙だらけのみおんちゃん。愛らしいにもほどがあります。

他の童貞卒業モノではキスを早々と切り上げる女優さんがいますが、みおんちゃんは、濃厚に舌を絡ませていく。相手の体におっぱいを押し当て、自分から手をつなぎ、見つめ合いながら舌先でだ液をくちゅくちゅ。完全に恋人同士のキスです。

AV女優ならではの巧みなリードも見せます。フェラしてほしそうな雰囲気を察知すると、相手の股間に顔を寄せてチ●ポを握り「しゃぶってほしい?」とやさしげな笑顔。勃起を咥え込めばジュポジュポと音を立て、童貞くんが抱いているであろう「AVのセックス」への憧れもきちんと叶えてあげるのです。

いざ、挿入の段になると、童貞くんたちの求める体位を「したいの? いいよ」と、こころよく受け入れます。しかも、彼らの体に自分のひじやひざがぶつからないよう慎重に動く心配りも忘れません。ええコや~

童貞チ●ポを体内奥深くまでのみ込むと、率先して腰をくねらせます。アヘ顔でしっかり感じまくるものだから、マグロ童貞くんたちは「この女をメロメロにしてやってるぜ感」をたっぷりと味わえたことでしょう。発射後もラブラブなピロートークで、アフターケアも万全でした。

とにかく全編通して、みおんちゃんの愛とエロスがあふれまくりで、勃起が止まりませんでした。この原稿を書いている今も、ガマン汁が止まっていません。
相手がプロ男優ではなく、素人、しかも童貞だからこそ見ることのできた、心と心、体と体を結び合う本物のセックス。まごうことなき、大 傑 作! ボク史上に残る1本です。

本編動画を観る:園田みおんの極上筆おろし 2nd 27

ABOUT ME
バルク三鷹
エロ本業界歴20年のライター&編集者。若手のころからAVページを担当し、企画から単体まで女優インタビューも多数こなしてきた。別名でエロラノベと官能小説も執筆。AVのジャンルでは、巨乳もの、ギャルものを好む。