AVライターレビュー

教え子の白い肉体を溺愛し続けた10年の記録 倉木しおり

制服の天使が大人の女になるまでの物語

主演の倉木しおりは、私生活でテン(イタチ科の小動物)と同居する、アニメ、コスプレ好き、スレンダー系の愛らしい娘である。
18歳から28歳までを演じるのだが、コスプレ好きとあって制服がよく似合っている。

偶然、再会したしおりと昔の恩師。
しおりは恩師が泊まるシティホテルの展望のいい部屋に招かれる。
ふたりっきりになったら、恩師といえど、我欲を抑えることはできない。

このとき、しおりはダッシュで去ってしまうのだが、それから2年後の20歳の夏、ふたりは同じホテルでしっかりファッキング。
物語は夏を基軸にして、このホテルで出会い、交情する姿を追っている。

24歳の夏になると、クンニで恩師がいかせた後、合体。
「ちゃんとゴムつけて」と、指示を出すしおり。すでにふたりの関係が深く進んでいることをうかがわせる。
26歳の夏。
恋人気分でシャワーを浴びたり、余裕の肉交。
27歳の夏には、目隠し&バイブ。
純愛というよりもセックスを楽しむ愛人、に変化している。
28歳の夏。
そしてふたりは倦怠期のカップルのような運命に……。

結合箇所をことさらアップにするシーンを出さずに、物語を進めている。本来、AVの撮影現場は、挿入前にそっとコンドームを装着して、いざ発射する直前に外すのが定番なのだが、本作では愛人同士の関係ゆえに、コンドームをつける必然性をあえて視聴者に見せて、挿入に至っている。逆転の発想というのだろう。ドラマにおけるカラミの回答例がここにある。

本編動画を観る:教え子の白い肉体を溺愛し続けた10年の記録 倉木しおり

ABOUT ME
本橋信宏
本橋信宏
80年代のAV黎明期より『ビデオ・ザ・ワールド』誌をはじめとする様々な媒体でAVについて執筆してきたノンフィクション作家。近著にNETFLIXで映像化決定している『全裸監督 村西とおる伝』(太田出版)や『上野アンダーグラウンド』(駒草出版)などがある。