AVライターレビュー

花火大会ナンパ 06 花火が上がる直前に彼氏と喧嘩し置いていかれた悲しき浴衣美人!傷心を癒やすかのように優しく男を包み込み、癒やし尽くしてくれる彼女に大興奮♪大胆な腰の動き、仰け反り感じる表情、もう首ったけ♪

金魚柄の浴衣をむき出しにしてふたりの花火が打ち上がる

浴衣は女を10倍いい女にショーアップさせる。
花火大会の夜、彼氏とケンカしてひとりぼっちの浴衣美人。
ギャルメイクと浴衣の組み合わせは、池袋キャバ嬢の同伴出勤のようだ。
さっそくナンパする浴衣男。
ドーンドーンドーン。
打ち上げ花火が浴衣美人の心を揺さぶったのか、涙目になる。
たしかに花火の音って、センチメンタルになるんだ。この辺の流れ、叙情的でいい。
静かなところで花火を見ようと、ふたりはホテルへ。
金魚柄の浴衣が可愛いぞ。
「グチるのも大事だからね」
「切り替えも大事」
「ほら、またそんな顔して」
「花火がきれいだったの」
若い男女の何気ない会話。
「ふたりで花火打ちあげようよ」
ふたりは恋人同士のように口づけをかわす。何度も何度もキス。
自然かつエロティックなシーンだ。
浴衣をはだけると健康的な乳房がむき出しになる。下着も浴衣にあわせて薄桃色だ。
口淫奉仕。
「男の人って裏筋が好きなんでしょ」
浴衣美人はレロレロと巧みな舌使いでたちまち男を硬くさせてしまう。
股を開き、濡れ具合の確認作業。
浴衣美人、剛毛だ。
糸引きながら合体。
感じやすいらしく、体全体で快感を貪る。
浴衣というコスプレゆえに、ラストまで浴衣を着用してのカラミが効果を上げている。

本編動画を観る:花火大会ナンパ 06 花火が上がる直前に彼氏と喧嘩し置いていかれた悲しき浴衣美人!傷心を癒やすかのように優しく男を包み込み、癒やし尽くしてくれる彼女に大興奮♪大胆な腰の動き、仰け反り感じる表情、もう首ったけ♪

↑サンプル動画を再生
ABOUT ME
本橋信宏
本橋信宏
80年代のAV黎明期より『ビデオ・ザ・ワールド』誌をはじめとする様々な媒体でAVについて執筆してきたノンフィクション作家。近著にNETFLIXで映像化決定している『全裸監督 村西とおる伝』(太田出版)や『上野アンダーグラウンド』(駒草出版)などがある。