AVライターレビュー

美人若妻の「ウフフフ」がより不倫度を高めていく

美人若妻の「ウフフフ」がより不倫度を高めていく

小雨に煙る池袋。
いつもの関西弁ディレクターとカメラマン、男優トリオが繰り出した。
まず声かけした相手は、山口あおいと名乗る人妻。夫は広告代理店役員、奥さんはエステサロン経営。セレブ感あふれっぱなし。夫は「夜の生活があんまり調子よくない」とのことで、欲求不満のこの奥さんと自宅で不倫セックスかと思いきや、夫が在宅中だということでリリース。もったいない。

次に声かけは、池袋西武店前で声かけたブルーのノースリーブがよく似合う23歳の若妻。手に持つディオールがすでにセレブ感ムンムン。
名前は有枝萌夏さん。キャバクラ嬢の名前のようだが、実際に元キャバ嬢で、48歳の夫は常連さんだったとか。美顔である。「ウフフフフ」と照れ笑いを句読点代わりにする。この手のタイプ、むっつりスケベで大いに期待がもてる。
なんなく自宅豪華マンションにお邪魔ムシ。真打ちになかなかなれない中堅落語家、といった風情の男優と趣味のヨガを一緒にする。鶴のようなポーズの2人、なんともシュールだ。濃厚な不倫キッスの後は、フェラチオ美人妻。
「フェラ好きなんですか?」と尋ねると、奥さん「好き。ウフフフ」
なんと不倫相手は7人もいる。亭主も不倫相手もみんなナマでやってるという。
8人目の愛人に立候補した真打ちになれない落語家風が濃厚にからむ。意外と波長があうのか、キッスが濃厚だ。
騎乗位→バック→開脚位→騎乗位→バック→開脚位。ラストは中に発射。
「中に出したの?」
驚く奥さんをものともせず、再度挑む。
キッチンで不倫セックスの最中、携帯に夫から電話がかかり、やりながら会話。
「家にいるよ……洗濯してたの……なんでもない……ううん……お仕事がんばってね……ウフフフ」
亭主と電話させながらセックス、という寝取りの究極プレイである。素晴らしい流れだ。

最初にナンパした山口あおいさんを捨て駒にしたことで、よりリアルかつゴージャスな構成になっている。

本編動画を観る:池袋にエロ女神降臨!!自宅中出し3連発!!7人のセフレを持つチ●コ狂いの超美顔奥様は聖母の微笑みで一心不乱にチ●コをムシャぶる!!生まれも育ちも〝ナマ派〟のエリート妻!!突然の旦那からの電話をオカズに、ナマ姦セックスは興奮度マシマシ!!マン汁だくだくの巻

↑サンプル動画を再生
ABOUT ME
太田俊介
太田俊介
30年以上にわたり、AVを見てきたアラカン元実話系雑誌編集長。ジャンルでは人妻モノ、とくにNTR(寝取り/寝取られ)系が一番のお気に入り。そのほか、ギャル、SM系、企画モノも好んで見ている。