AVライターレビュー

いつも天真爛漫に見える河合あすなちゃんにも悩みがあった……!?【安田理央】

いつも天真爛漫に見える河合あすなちゃんにも悩みがあった……!?

グラビアアイドルから転身し、その素晴らしいHカップの神乳で圧倒的な人気を誇り、『FANZAアダルトアワード2019』では最優秀新人女優賞受賞するなどAV女優として順風満帆な活躍をしているように見える河合あすなちゃんですが、実は彼女は深刻な悩みを抱えていたのでした。
そんな彼女に一カ月間密着し、その光と影に迫ったドキュメント。テレビのドキュメント番組風の作りになってるのもいいですね。

彼女の悩みとはAVイップス、つまりファンの期待の応えたいというプレッシャーが大きすぎて、思い通りのセックスができなくなっているということ。デビュー当時のようにセックスに没頭できないというのですね。
最初に彼女の自宅で、最も共演が多いという男優とのカラミがあるのですが、自宅ということもあって、かなりプライベート感のある生々しいセックスなんですよね。ギュッと抱きしめあっての正常位なんかラブラブなムードで嫉妬したくなるほど(笑)。えっ? もう十分エロいカラミができてるじゃないですか、なんて思ってたんですが、その後に催眠術師が登場し、催眠状態でセックスに挑むあすなちゃん。おお、確かにこれは快感をむさぼるような激しさがありますね。愛撫のひとつひとつ、挿入されてのピストンの動きひとつひとつを深く味わっているような感じなんですよね。

この催眠セックスでふっきれたらしいあすなちゃんのたっての願いで、「どうしてもみんなに見せたいセックス」に挑みます。ま、単に濃厚で激しいセックスってことなんですけど、なるほど感じっぷりがグッと深くなっているようです。あすなちゃん曰く「これが新しいスタート、第二のデビュー」とのこと。

MGS版だけの特典として本編終了後にも、もう一回「情熱性交」が収録されてるんですが、こちらでもガチンコに感じまくってくれてます。シンプルなセックスだからこそ、本人のエロさが際立つんですよねぇ。

本編動画を観る:密着ドキュメント FILE.03 神乳伝説、新章の幕開け。 河合あすな


ABOUT ME
安田理央
安田理央
フリーライター/アダルトメディア研究家。80年代よりアダルト業界に関わり、その変遷をウォッチし続けている。主な著書に『痴女の誕生』『巨乳の誕生』(太田出版)『AV女優、のち』(角川新書)など。AVで一番好きなシーンは初脱ぎの恥じらい。