AVレビュー

なかなか落ちない美人陰キャOLを口説き落としてハメるカタルシス【バルク三鷹】

AVライターレビュー

AVに精通したライター10名による作品レビュー!

【本日のレビュー】
ナンパTV:りん 23歳 営業

なかなか落ちない美人陰キャOLを口説き落としてハメるカタルシス

“全裸監督”こと村西とおるは、かつてこんなことを言っていました。「女性器のドアップを見ても何の興奮もありません。秘められているからこそのエロスなのでございます」と。

ボクもこの意見には賛成です。おっぱいやアソコを超接写するだけのAVがあっても、大方の人は興奮を覚えないでしょう。女の子のキャラやストーリーのない女性器は、ただの部位でしかないからです。

女の子のおっぱいやアソコにどれだけの意味を持たせられるかによって、男の興奮度合いは大きく変わってくる。当然、AV鑑賞におけるヌキの質にも関わってきます。

前置きが長くなりましたが、本作はカワイイ系男優が、新宿でナンパした23歳のOL・りんちゃんを落とすまでの過程を描いた作品です。

結構派手めな見た目とは裏腹に超がつく陰キャのりんちゃん。男優と目を合わせられないし、褒められると嬉しそうにしつつも警戒心を上げてしまうタイプです。

そんな彼女ですから、男優がエッチな展開に持ち込もうとしてもなかなか応じません。結局、彼女が初めておっぱいを出すまでに要した時間は約40分。

では、それまでの時間はムダかといえばそんなことはありません。「いや」とか「無理」とか言いつつも、男優のトーク術やボディタッチでじょじょに落とされていくりんちゃん。それこそが秘められたエロスそのものなのです。

また、乳首を舐められると体がビクっとなる反応のよさ。そして舐められていない方の乳首が瞬間で尖る好感度。さらに根元まで挿入されたときの「奥まで来ちゃった。気持ちよくなっちゃう……」という言葉のセンス。一皮むいたりんちゃんの、隠された淫らな本性をたっぷり味わってください。

本編動画を観る:マジ軟派、初撮。 1413 真夏の新宿で悪戦苦闘する若きナンパ師!もう諦めかけていた彼の前に現れたのは、清楚で爽やかなOL姉さん!年下男子に言い寄られ、恥ずかしがるも満更でない彼女は、多めのボディタッチからエロい雰囲気に流されて、最後には色白スレンダーボディを震わせ、久々チ●ポにヨガり狂う雌に変貌!!!

↑サンプル動画を再生
ABOUT ME
バルク三鷹
バルク三鷹
エロ本業界歴20年のライター&編集者。若手のころからAVページを担当し、企画から単体まで女優インタビューも多数こなしてきた。別名でエロラノベと官能小説も執筆。AVのジャンルでは、巨乳もの、ギャルものを好む。