AV女優インタビュー

大学生のSEXはつまらない?研究テーマは男優の○○?エッチなリケジョの飽くなき探求!【奏音かのんインタビュー前編】

2019年7月に3社同時デビューし、以来順調に人気を伸ばしている新人AV女優、奏音かのんちゃん。清楚な見た目に反して「手マン」を連発するかのんちゃんの原動力は…エッチなことへの探求心!? 読み応え満点のロングインタビュー、前後編でお届けします!

(インタビュー│刈田萬蔵)
(構成│MGSニュース編集部)

 

最近大人気のAV女優、奏音かのんちゃんのご登場です!

――かのんちゃん、最近人気爆発してますよね。MGS動画でもそうですし、FANZAさんでも女優ランキングで2位になったりとか。作品も、もう50本以上出るとか。実感としてはどうですか?

奏音 実感としては、あまり…あ、でも、夏から撮ってるので…それくらいになりますよね。

――自分としては頑張ったなっていう感覚で。

奏音 はい。

――2019年のキカタン部門でぐーんとブレイクしてきた人なんだなと思うんですが。

奏音 ありがとうございます。

――ご自分としてはどうですか? ツイッターやランキングを見ていて。

奏音 割と…「あ、(自分が)載ってるなー」って。

――となると、ファンの人からはツイッターで良い意味で絡んでこられたりすることも?

奏音 増えてきました。

――それって、デビューしていつぐらいからですか?

奏音 デビューしてから…やっぱり「撮影してる」っていうのを書くと更新回数が必然的に増えるじゃないですか。そうするとフォロワーも増えやすい、のかな。ファンの方も。

――おぉ。自分なりにマーケティングしてますね。

デビューのきっかけは「流れ」!? 大学生活は刺激がない!?

――そもそも論なんですけど、デビューが2019年の?

奏音 夏ですね。7月1日。

――3社同時デビューですよね。

奏音 そうですね。MOODYZさん、kawaii*さん、本中さん。

――まずそれもすごいよね。…あ、その辺の業界的なことはさすがにわからない?

奏音 はい…。

――じゃあ、音楽だと好きなアーティストって誰ですか?

奏音 最近TWICEとか聴きます。

――例えば、TWICEが次のアルバムは3枚同時リリースします、ってなったらすごくない?

奏音 確かに。あ、そういうことか。

――そうそう。そういう感じだと思います。
それで、なんでまたこんな可愛い子がAV業界に来られたんですか?

奏音 なんだろ…。結構、この質問って聞かれるじゃないですか。

――ですよね。

奏音 ほんとに明確な理由とかってないんですよね…。…流れ?

――え?(笑)
きっかけとしてはどうなんですか? 自分から応募とか、知り合いの紹介とか。

奏音 あ、自分からです。自分から知り合いの人に頼んで、事務所を紹介してもらって。

――ということは、AVをやりたくてきたんだ。「AV女優をやりたい」と思ったと。

奏音 今、大学生なんですけど…なんか、このまま大学行ってて、特にやりたいこともなかったから。

――目標もないし?

奏音 目標もないし、やりたいこともないし…。

――勉強は?

奏音 大学に行ってからは、うーん…(笑)

――あれ、デビュー当時リケジョって…。

奏音 リケジョです! はい!そうです!!(笑)

――なんかこう、楽しいこともないし刺激もないしっていう大学生活を送っていた?

奏音 そうなんです。

――そんな時に、なぜAV出演に。昔から見ていたとか?

奏音 いや、あんまりAV自体、作品自体はそんなに見たことがなくて。見ていたといえば、AV女優さんのツイッターとか。「カワイイ~♡」って、それくらいですかね、AVやる前にAVに触れていたのは。

編集部 ちなみに誰を見てたの?

奏音 橋本ありなちゃん。

――あぁ~~~。ありなちゃん可愛いよね。

奏音 可愛い~。

――じゃあ、ある意味ありなちゃんに憧れてるところとかあったの?

奏音 いや、(存在が)でっかすぎて憧れってところにもならない感じです。もう「あぁ~✨」みたいな。

――他のサイトのインタビューだと、「(AVも)楽しそうだな~」って興味を持ったともありましたが。

奏音 はい。ノリ…楽しそうだなって。

編集部 男優さんとセックスしてみたいとか?

奏音 はいはいはい。(食い気味

編集部 それまでのセックスの相手、つまり素人とするよりプロとやってみたかったと。

奏音 あ、やってみたかったです。それがすごい強いわけではないですけど、要因の1つとして、(そういう思いが)あったって言えばありました。

――なんかよっぽど…大学つまんないんですね?

奏音 つまんないですねぇ。

――合コンとかは?

奏音 いや、友達いなくって。

――えっ、男女ともに?

奏音 もちろんそうです。

――全然そんなキャラに見えない。ちょっとおとなしめのキャラなのかなっていうくらいで。

奏音 そうですか? それが居ないんですよねー友達が…。

――ま、まぁまぁ…そういう友達も、ねぇ。 でも、ほんとに刺激がなかったんですね。

奏音 刺激のない毎日でしたね。

――「自分を変えてみたい」みたいな?

奏音 そうですね。なんか変わるかな、みたいな。

デビュー作の撮影が人生初のクンニ。「すごい!!!って思いました」

――それで実際に(業界に)入ってみて。デビュー作、一番最初はどれを最初に撮ったの?

奏音 MOODYZさんです。

――初めての男優さんはどうでした?

奏音 すごい!!!って思いました。

――何がすごかった?

奏音 なんか、今までエッチした人と、ちゃんと手マンとかされたことなかったっていうか…勃ってる→入れる→イク→終わり、みたいな。そういうのしか経験なかったんで、こんな手とかでちゃんとやったりとかして。って。丁寧。

編集部 前戯にしてもハメるのにしても、すべてが違ったと。

――もしかして、クンニされるのも初めてだった?

奏音 あ、初めてです。

一同 え!!!

――初クンニがAVだったと。 ちゅーはしたことあったよね?

奏音 もちろん。全然エッチはしたことありました。

――ちゅーと挿入はあったと。フェラは?

奏音 フェラもあります。

――でもクンニはなかったと。手マンも?

奏音 ちょちょーい…みたいな。

――(笑) 男優さんのこういう(しっかりした)のはなかったと。

奏音 なかったです。

――じゃあ、初めてクンニと手マンされた時どうだった?

奏音 あぁ~…恥ずかしかった。まず明るいところでエッチしたことがなかったので。「え、なに?」って。「みんな何? めっちゃ見てる」って思って。クンニは…クンニより、手マンの方が気持ちよかった。

――多分、中派なのかな?

奏音 あ、多分そうですね。手マンはすごい気持ちよかったです。「すご!」って思って。

――どんな感じなの?

奏音 なんか、ゾワ~って。今までにないくらい。

――ゾワ~っと。潮吹きは?

奏音 あ、出ました出ました。それも初めてで、いつの間にか「あ、出てる!」って。気持ちいいって思ったら「あれ、漏れてる」って。

――無意識に出ちゃってると。で、実際にそのあと、男優さんがね、おちんちんが舐めたり入ったりしてくるわけじゃないですか。どうだった、見て。

奏音 まず、おっきい。「でっかい」って、入らないって思ったんですよ。

――どのくらい?

奏音 このくらい?

――それは言い過ぎでしょ(笑) それじゃあ馬だよ(笑)

奏音 (大きく言いすぎて)馬じゃんってよく皆に言われる…(笑) マジで入らないって思って。こんな(大きな)人に出会ったことないし。

――舐めたでしょ? 口の中には入った?

奏音 ギリギリ入って。いや、でかかったですね…。

――口のあと、ブツが下に下がってくるじゃない。どうでしたか?

奏音 それが入ったんですよねぇ~。「えっ入ってる!?」って。

――(笑) で、ピストン運動を始めますよね。その、どうでした?

奏音 最初…デビューとか、1本目2本目3本目では、まだ普通の(サイズの)方がよかったんですよ。3Pとかで結構大きい人と普通の人を比べたりもやったんですけど、まだデビューしたばっかりの作品では、普通の方が気持ちよかったんです。おっきいと「お、おっきい、おっきい」って、ただそれだけになっちゃうから。それぐらいだったけど、まぁ…徐々に感覚は変わっていきましたね。

――デカチンの方がよくなってきたと。

奏音 おっきい人の方が気持ちいいんですよね。奥が気持ちいいみたいな。

――あ、奥が気持ちいいっていうのも昔はわからなかった。

奏音 そんなにわからなかったです。

――あ、そっか、大きいと、奥までコンコンと。

奏音 そう、突かれる。

――突かれやすいから。それでかな。

奏音 そうなんですよね。そこをうまくこう、撮影していくうちに、開発された。

かのんちゃんはポルチオ好き!

――それ以外に、AVでこう変わったことってある?

奏音 えぇ、なんだろう…あ、でも濡れやすいと思う。

――あ、そもそも?

奏音 はい。あと、ブツの、お馬さんの…形状?とかで、どこに当たるのが気持ちいいとか見てわかるようになって。

――さすがリケジョ!

奏音 アハハ(笑) ありがとうございます(笑)

――形状って、なにがどうだとどこに当たるとかっていうこと?

奏音 なんか、こうやって反ってる方が、多分奥に当たって気持ちいい。ただデカいだけじゃ。

――ダメなんだ。

奏音 ちょっと、はい。

――欲張りさんだね。

奏音 すみません(笑)

――膣がこうあったら、デカいのが反ってるのが?

奏音 そうですね、多分、女の子みんなそこが。

編集部 みんなソリチン好きだもんね。

奏音 そうですよね。

――手マンのときもここをこうするもんね。

奏音 多分、そこが気持ちいいんだと思います。

――さすがリケジョちゃん。

――じゃあ、男優さんが来て「あ、この人反ってないな」とかって思う? 「バックだったら多分イケるな」みたいな。

奏音 (笑) バックだったら結構奥に入ってくので…。

編集部 ほんとポルチオ好きなんだね。

奏音 多分そうです。うん、奥って言うよりそこが好きなんですよね。

――あ、そうか。ここか。

奏音 まっすぐも好きですけど、多分一番気持ちいいって感じてるのはここ。

――AVに出なかったらね、開発されなかったところだよね。

奏音 うん、ほんとに。ほんとですよ。数を重ねて。

――心から「ほんとに」って言ってるのが伝わるよ。

編集部 プライベートでやってる時、当たったことはなかったってことでしょ?

奏音 ないです(力いっぱい)

編集部 手マンもやらなかったんでしょ?

奏音 手マンはされたことない…。

かのんちゃんの性の目覚めと初体験

――ここからがさらにかのんちゃんの面白いところだなって、俺思ってるんですけど。
そんなついにエッチに目覚めたかのんちゃんですけど、そもそも論、性に目覚めたのとか、エッチやオナニーに目覚めたのっていつ頃なんですか?

奏音 小学生です。

――あ、早いね?

奏音 あ、別にオナニーしてたわけじゃなくって。小学校の時に、友達とかとパソコンとかでエッチな画像とかを見てた。

――あぁ~~。もう動画世代だね。2000年生まれだもんね。

奏音 はい。

――そっか。もうサンプル動画みたいなのが出てた時代だ。

奏音 そうですね。もう普通に裸の画像とかを見ました。そういうのは見てた、気がする。

――見て? なんかムラムラとかは?

奏音 あぁ、してましたしてました。あの感覚がなんなのかはわかんないけど、覚えてますね。

――あ、そっか。なんかこう、ムラムラきても解消法がよくわからないいもんね。

奏音 あ、わかんないです。うん。多分こう…なんていうんですかね……なんていうんですかね、あのこういう感じって。

――なんかムズムズっていう。

奏音 なんていうか、ありますよね。”疼く”みたいな。

――なるほど。っていうのが、小学校の何年生くらい?

奏音 何年生だろ…小4とか小5とかですかね。

――その後さ、初めてプライベートでエッチしたのはいつぐらいだったの?

奏音 19(歳)です。

――あ、結構ためたね。割と最近?

奏音 そうなんです。

――それまではエッチもしてないし、付き合ったことも?

奏音 ほぼない。

――ほぼ?

奏音 あの、中学生とかのオコチャマ付き合いっていうか。「これは“付き合った”に入れるのか入れないのか」みたいな。

――なるほど。 で、19歳ってことは…今年? 2019年。

奏音 です。

――あら。どんな状況で?

奏音 大学の友達…友達? 同じ学科の人との集まりの後に、流れで。

――流れ多いね?

奏音 流れ多いです…流されやすい(笑)

――(笑) じゃあ向こうから誘われたの?

奏音 いや、お互い…なんとなく。

――彼の家で?

奏音 はい。彼の部屋で。

――どんなエッチだった?

奏音 部屋真っ暗で、「え、どうする?エッチする?」みたいな。

――結構ストレートだね?

奏音 そんな風になって、フェラはしたかしてないか、あんまり記憶がないんですよね。 それで…入れて、一瞬で終わり、みたいな。

――あっちが出ちゃったってこと?

奏音 はい。

――え、中出し?

奏音 あ、ゴム、ゴムつけてました。ちゃんとゴムつけて。入れて。「いたっ痛い痛い痛い痛い」って。

――痛かったんだ。

奏音 めっちゃ痛かったですね。「これが…セックス?」みたいな。

――なんか噂と違うよ、と?

奏音 そうなんです(頷き) 痛かった…でも、耐えられない痛みではなかったですね。

――注射ぐらいの?

奏音 そうですね、ここにぐっと注射されてるみたいな。

――(笑) なるほど…でもそれは、あれだよね、その人、付き合いはしなかったんだよね?

奏音 あ、全然。後からその人に彼女がいたって知った。

――へん あ、じゃあ好きだったの?

奏音 ちょっと好きだったんですけど…すごく熱しやすくて冷めやすいんで、すぐ忘れる。

――(笑)

奏音 すぐ忘れちゃう…はい。

初体験が遅かった反動で…恋愛込みのエッチをしていない!?

――それじゃあ初体験の時は痛いだけで終わって、その後も何回か経験は?

奏音 その後は…よくわかんない、今まで溜めてた反動なのか、そっからご飯会とか友達の知り合いとかとバーッてエッチするようになって。

――…え? ごめん、完全に合コンでやられに行く人だよね。

奏音 ほんとですよね~。そういう生活が、まぁ大学生なんで、周りも割とそういう子も居て、それが普通なのかなって思ってたんですよ、大学生のノリ的に。

――あぁ、まぁ、まぁね。

奏音 で、普通なのかなーと思ってて、それでめっちゃしてて、まぁ。…で、そのまま、AVに。

――…っていう流れ。

編集部 その、ノリでエッチしてたのって相手は全部大学生なの?

奏音 ほぼ大学生です。

――じゃあ、何人くらいと経験したんですか?

奏音 10人…超えるくらい。

――19歳の初体験で。相当飛ばしたよね。

奏音 そうですね、多分反動ですかね。

――じゃあ、経験人数は10人超えるくらい。

奏音 はい。

――で、誰とも付き合ってエッチをしていない。

奏音 付き合った人とエッチしたことないです。

――言ってみればAVもそうでしょ。恋愛込みのエッチはしないままきてる。

奏音 ほんとに。あんまり恋愛をしたことがないです。

――あ、その前に恋愛をあんまりしてきてない。

奏音 なんか、「あ、好き」って思うけど、そんなに…素敵な恋とかはしてないですね。

――「もうこの人がいないとだめ」みたいなのは。

奏音 ないですね(即答)

――さすがリケジョ、クールですね(笑)

奏音 割とパッって熱するんです、「あ、好き♡」ってなるけど。帰り道とかには忘れてる(笑)

――完全になんかこう、こんなかわいいのに、スタイルもいい子なのに、なんか発想が完全にヤリチンだよね。1回エッチした男のこととかよく覚えてないでしょ?

奏音 覚えてないです(即答) 脳内で消してるのかな(笑)

編集部 ヤリチン発想だね。テストステロン高めなんだ。男性ホルモンが多い。

――ちょっとそれ、調べていいですか?
お医者さんに聞いた、男性ホルモン、つまり性欲が強いかどうかのテストっていうのがあるんですよ。

奏音 はい。

――テーブルの上にこう、指を出してください。指閉じて。

奏音 はい。

――あ、やっぱり薬指が長い。薬指が長いっていうのは、基本的に性欲が強い。テストステロンっていわれてる男性ホルモンの分泌が多くて。

奏音 へぇ~~~。強いんですかね? でも、仕事始めるまで強いってことに気付いてなかったかもしれない。

――ここにきてやっと、「あ、私結構ポテンシャル高いのかな」って思い始めたくらい?

奏音 はい。

 

異色の経歴の持ち主ですね…!?
そんなかのんちゃんのエッチな部分を掘り下げる後編は明日、1月26日公開予定です!

見た目は清楚、中身はおちんおちん研究家?電マが壊れて○○に気づく【奏音かのんインタビュー後編】お待たせしました! 奏音かのんちゃんのインタビュー、後編です! (インタビュー│刈田萬蔵) (構成│MGSニュース編集部) ...

奏音かのん(かなで かのん)
生年月日:2000年5月9日
身長:166cm
スリーサイズ:B86-W59-H85
趣味:料理
特技:携帯の早打ち
所属:C-more

■奏音かのんの最新作はこちら
■Twitter:@kanade_cmore

ABOUT ME
刈田萬蔵
刈田萬蔵
オレ流三大欲求は、AV欲とロック欲と酒欲!