AV女優インタビュー

これがホントの清純派?!ミスコンチャンプが目指すAV女優とは?【結城るみなインタビュー】

3月12日にMGS動画で独占先行配信予定の『今期最大の衝撃 ミスキャンパスグランプリ 結城るみな AVデビュー』でデビューする新人AV女優、結城るみなちゃん。デビュー前からツイッターでバズりまくっていた彼女の素を取材班が暴いちゃいますよ〜! 超ロングインタビュー、スタートです!!

(インタビュー&文│刈田萬蔵)
(構成│MGSニュース編集部)

クリックでインタビュー動画を再生!

結城るみな」皆さん、この名前を憶えてください!

結城 (渋滞で10分遅れで現場に到着し)遅れてしまい申し訳ありません! 結城るみなでしゅ!

――今回は最近話題のるみなちゃんにインタビューをしようという流れでして。

結城 うまくしゃべれるように頑張ります! …緊張しちゃいます。ろれつ回るかな? さっきも「結城るみなでしゅ!」なんて言っちゃいましたから、気をつけないと…。

――かわいかったですよ。あえて突っ込まなかったけど(笑)

結城 バレてたか! ありがとうございまちゅ!

――さて、MGS動画の独占配信「シロウトTV」の『初撮影に緊張している清楚美女、恥ずかしがり屋の彼女も止まらない快感ピストンに.. ネットでAV応募→AV体験撮影 1185』はランキングの1位をGET。しかも史上最速の売り上げの伸びを記録中! さらにデビュー作『今期最大の衝撃 ミスキャンパスグランプリ 結城るみな AVデビュー』は、FANZAやAmazonなどのECサイトでも予約ランキングで1位を獲得しているとか。

結城 おかげさまで……大変光栄に思います。自分でも本当に驚いているところです。

――どうしてこちらの業界に来ることになったんですか?

結城 私は今まで芸能というか、役者の勉強をして活動していたんです。ミスコン優勝者という肩書もあって、清楚なイメージで活動してきました。でも今年の4月で25歳になりますし、自分の中でひとつの区切りというか転機かな?と思っています。
それで、大人になる自分をもっとさらけ出して行こうだとか、もっと自分を表現していきたいなと考えるようになりました。私は自分のカラダを見てもらうことが純粋に好きなんです。いろんな私を見てほしいなと考えたのがきっかけです。それで「AVやったろ!」と思いました。決意したのは昨年の末ごろですね。それに加えて、もともとアダルトビデオは一人で見ていたりしました。

編集部 見ていたAVはどんなものだったんですか?

結城 いろいろ見ていました。普通のカップルみたいなものとか、ハメ撮りみたいなものも見ますし、人妻ものも見ましたし、あと自分ではなかなか経験できないような大人数でとか、レズものとか。

――ちょっと待ってくださいよ。けっこう見てますね?

結城 けっこう見てます!

――ヘビーユーザーだったんですね〜。

結城 (見ていたのは)サンプルが多くて申し訳ないんですけれど(苦笑)。エッチなことには昔から好奇心旺盛だったと思います。

ミスコン優勝者の大学生活とは? サークルは何を?

――先ほど話に出たけど、ミスコンで優勝経験があると?

結城 はい! 通っていた大学のミスキャンパスコンテストに出場しまして、その時、おかげさまでグランプリを受賞させていただきました!

――どういう大学だったんですか?

結城 都内の私立大学です。

――誰が聞いてもわかる大学?

結城 わかる方も多いのかな……? まあ、お察しのとおりです(笑)

――ひとつ気になっているのが、『今期最大の衝撃 ミスキャンパスグランプリ 結城るみな AVデビュー』のパッケージの裏の写真を見ると、バイオリンかヴィオラを持っているショットがありますよね?

結城 はい、ヴィオラをお借りして撮影しました!

――弾けるんですか?

結城 ヴィオラとコントラバスは高校の授業で少しやったことがあります。披露できるほど上手な方ではないんですけれど、好奇心旺盛だったのでいろんなことを試してはいました。

――それ以外だとどんな習い事を?

結城 楽器でいうと、小さいときにピアノや三味線を習っていました。

――音楽以外で言うと?

結城 クラシックバレエや、本当にちょっとしかやってなかったんですけれど、合気道や空手や囲碁なんかも習っていました。もう、ほとんど忘れちゃってるんですが(苦笑)

――聞いてる限りだと、お嬢様っぽい感じで育てられたのかな? それなりの環境でお育ちになった方なのかなって。

結城 そうですね。両親にいろいろと与えられて育ってきたと思います。

――大学時代はミスコンのほか、某有名大学のジャズダンスサークルにも所属していたとか?

結城 自分の通っていた大学のサークルではないんですけれど、○京大学のインカレサークルに通っていまして、その時にジャズダンスを勉強していました。

――ダンスは昔から好きだったんですか?

結城 そうですね。小さい頃はクラシックバレエで、高校生からジャズダンスをするようになりました。全身を使っての表現とか、人に見てもらうことが好きだという感覚はその頃からありました。

――当時の思い出の写メとか見せていただけます?

結城 うーん、あるかなぁ……。というのも、去年の夏に携帯を水没させちゃってデータがあるかどうかわからないんです。残っていたら見せられるんですけど……大学時代の思い出の写真ですよね?

――そうです。ごめんね、急にこんなことを言い出しちゃって。

結城 いえいえとんでもないです! 大学時代の思い出というと一番活動していたのはダンスで、一生懸命やっていたので。

――いちおう編集部側では、大学時代のインタビューとか写真をいろいろ拝見させていただいておりまして(笑) 自然光で撮られた綺麗な写真が載っていましたよ。

結城 うわっ、見られてる!(笑) 大学時代の思い出となるとダンスかミスコン出場ってなるんですけど、変な写真しか残っていないですね。

――それは見せられない感じ?

結城 いや、OKです。(写真を見せながら)これ、やばくないですか? ダンスの練習中に髪飾りが飛んでる写真なんです(笑)

――なぜこんなのを保存している? だんだん、おもろい人なんだということがわかってきたぞー。

結城 (別の写真を見せながら)これとか、顔が映ってなくて遠目になっちゃうんですけれど、こういう感じのダンスの集合写真とかあります。

――めっちゃ本格的じゃないですか!

結城 ミスコンだと……コンテストの前日に人生で初めてのウェディングドレスを着たんですけれど、その時の写真が……デビュー作でも、もしかしたらそのウェディングドレスの写真だけ載せてるかもしれないんですけれど……どこにいったかな? あ、これとか! 後姿になっちゃうんですけれど、はじめて着させていただいたのは思い出です。

――きれいですね〜。

結城 ありがとうございます!

尊敬する人は?「杉本彩さん。女性としての憧れですね。」

――ミスコン時代のインタビューを拝見していると、将来の目標は映画女優だと書いてありましたね。

結城 映画女優さんに小さいころから憧れていて、将来は自分もビッグな女優になるんだと思って生きてきました。大学に入る前はそういう活動が禁止の高校にいたので、大学に進学して19歳になった頃からそういう活動を始めるようになりました。その当時から比べると、今はエッチなものを表現するという方向性に変わってしまったんですけれど、それでも女優さんということに変わりはありませんし、目指しているところは変わらないと思っています。

――どんな女優さんが好きだったんですか?

結城 小さいときは仲間由紀恵さんや吉永小百合さんが好きでした。かっこいいなと思っていました。

――吉永小百合さん。渋いところいきますね〜。

結城 ですよねえ……とか言ったら失礼か(笑)

――まさか、生まれが昭和20年代とかじゃないですよね?

結城 一応、平成です(笑) おきれいな方なので……。

――確かに憧れる気持ちもわかります。ところで、当時のインタビューで「尊敬する人は杉本彩さん」とあったのですが、これはどんな理由?

結城 まず昔からすごくおきれいな方で、さらにダンスとかジャズとかいろいろされていたり、動物保護の活動もされていると思うんですけれど、私もすごく動物が好きで保護活動とかにも興味があってというところで、すごい方なんだなと思いました。女優さんとしても著名な方ですから、影響力や発信力とかもあるし、すごい尊敬をしています。

――杉本さんって男性から見るとすごくエロいじゃないですか?

結城 エロいです! そういう意味でも女性として憧れがありますね。

――そのエロさやセクシーさをリスペクトしている?

結城 はい。多才だしセクシーだしかっこいいなと思います。女性としての憧れですね。

開始2週間で5万フォロワーを集めたツイッター。MVにも出ていました!

――そんな結城るみなちゃんのデビュー作『今期最大の衝撃 ミスキャンパスグランプリ 結城るみな AVデビュー』がもうすぐ出ますけど、まだリリースされていない段階でツイッターがおかしなことになっていますよね?(笑)

結城 なんか、あのぅ…(笑)

――いつのまにか登録者数が……。

結城 ありがたいことにフォロワーが5万人に。

――こんな人、普通いないですよ!

結城 ありがたいことです。本当にありがとうございます。ツイッターを始めて2週間でこうなって、びっくりしているんですけれど。

――Marukidoさんっていうラッパーの曲『合法JK』っていうのが張り付けてありましたね。

結城 Marukidoさんは同い年の友人で、学校は中学高校は別なんですけれど、中学生のころにはじめて出会って、そこからずっと仲良くしている女の子なんです。昔からすごく面白い子で、ある意味ちょっと変わっている子でもあって。
そんな子がラッパーデビューして、最初にバズった『合法JK』っていう曲のMVに、くねくねJK役で出させてもらいました。それもぜひ見てほしいなと。すごく素敵な曲なんです。曲自体がすごくいいんです。ちょっとエッチな感じなんですけれど。勝手にツイートさせてもらいました。

――それはMGS的にはオッケーだったんですね?

編集部 まったく大丈夫です。一番最初くらいにやってたよね?

結城 そうですね。一気にバズって。最初に『合法JK』のMJが公開されたとき、彼女がツイッターで「この投稿が1万リツイートいったらAVデビューします」って書いて、それがちょっとずつ伸びていった。もちろん彼女自体はAVデビューしてないですし、そのときはまだ1万リツイートいってなかったんですけれど、私が代わりにAVデビューをするというオチを狙って(笑) Marukidoちゃんとも一緒に歌ったり踊ったりできればな、なんて。

るみなちゃんの初体験はいつ?

――ここからは過去にどんな恋模様があったのかという話をしたいんですが、ミスコン時代のインタビューで初恋は中学2年生とありましたね。

結城 そうですね。初恋というか、ぶっちゃけると初体験だったんですけれど。

――まさにそれが聞きたかった!

結城 中学2年生の時にお付き合いした方がいて、当時高校1年生の男の人だったんです。

――エッチしたのはどこで?

結城 彼の実家で、夕方の日差しが照らされている中で……みたいな。窓がちょっと開いてたんですけれど。初体験ということもあって大絶叫でした。

――痛かった?

結城 正直。でもそういうことにすごい興味があったので、早くしてみたいという思いがありました。だから中学2年生っていう早い時期で経験することになったんですけれど。

――痛くて、血も出た?

結城 そうだったと思います。相手の男性のものがちょっと大きかったっていうのもありましたし。

――ビッグサイズ?

結城 そう、ビッグサイズ。今思い出してみても、彼がちょっと大きかったと。覚えているくらいなので。

――初戦からいきなりだ。それからセックスが気持ちいいと思えるようになってきたのは?

結城 はっきり覚えていないんですけれど、それ(初体験)をキッカケにセックスに対してどんどん積極的になっていったという部分があります。

好きな体位や、理想のオチンチンは?

――セックスそのものについて聞きたいです。セックスにはいろんな体位があります。どんなのが好きですか?

結城 ストレートに言うと、バックが好きです。

――なんで?

結城 ここを見られるのが好きなんです。背中からおしりのラインが。

編集部 ああ、確かに綺麗だもんね〜。

結城 そもそも女の人のここを見るのが好きなんですよ。AVでもバックを見ているのが好きで、そういうのに憧れを抱いていたこともありますし、私自身、Mっ気があるので征服されている感じってわけじゃないですけど、犯されている感が好きなのかも。あとは、純粋にあたるところが気持ちいいとか。

――バックでどんなふうに突かれるといいの?

結城 どんなふうって?

――強く突かれたほうがいいのか、ゆっくりゆっくりストロークが長い方が良いのか。

結城 どっちもどっちですね。

――欲張りちゃんですね〜。

結城 欲張りちゃんです(笑)

編集部 お尻を叩かれたりとかは?

結城 嫌いじゃないです! 自分の中でたどり着いた結論が、自分で興奮してくれている男性に興奮するっていうのがあるのかなって。だから激しいのも好きなのかなって思うんですけれど。

――男もそうかもしれない。女性がめちゃくちゃ興奮してくれてる、めちゃくちゃ気持ちよがっているというのを見るとめちゃくちゃ興奮するんだよね。ていうことはそれを見た女性も……。

結城 興奮するから最高ですね!

――WIN-WINって感じ。

結城 そうですね。WIN-WIN-WIN-WINって感じです!

編集部 バック以外で好きな体位は?

結城 王道の正常位とかもいいですね。

――騎乗位は?

結城 好きです。それこそ騎乗位は自分が攻めてる感っていうのがあって楽しくて。

――男性がちょっとヒイヒイ言ってるところがたまらない?

結城 そうですね。私が気持ちよくさせてるんだよ、っていう感じが好きです♡

――ちなみに、理想のオチンチンの長さや太さや形は?

結城 ぶっちゃけると、私は大きければいいという感じではないんですよね。むしろそんなに大きくなくていいです。太いのがいいのか、長いのがいいのかって聞かれると、長い方がいい派なんですけれど。
あとは女性あるあるなんですけれど、硬さですかね。もちろん、相性もあると思います。

――初体験の時も相手がビッグサイズで辛かったと言うぐらいですから、通常サイズくらいがいいってことかな。14センチくらい?

結城 そうですね。でも変な話ですけれど、そこにも好奇心旺盛さはあるなって。だからコレがベスト!みたいなものはないんです。

――なんだったら全部コンプリートしたい?

結城 コンプリートしたいです!

――ポケ○ンみたいに。

結城 ポケ○ンなんですかね、オチンチンって?

――ポケチン?

結城 あははは! ポケチンマスターになりたいです!! あー、恥ずかしくて、めっちゃ汗かいてきた(笑)

プライベートで出来ない、AVでしてみたいセックスは?

――ところで、AVの世界に入ってきたということで、プライベートではできないエッチをいろいろ楽しめるよね。

結城 それはすごく思います。

――どんなエッチをしてみたい?

結城 本当に興味がありすぎて…それこそいろんなジャンルのAVを見たりしていますし、コレっていうものがパッと思い浮かんでこないんですけれど。

――できれば三つくらい挙げてほしいです。制作陣もこの話を聞いてどういうものを作っていくかを決めていくかもしれないですし。

結城 未体験で言うと、たとえば設定があるものがいいです。私は人妻になったこともないし、学校の先生になったこともないじゃないですか。そういう立場で非日常のシチュエーションだったらどんな気持ちになるんだろうってすごく気になります。

――ドラマものとか?

結城 すごく興味があります。けっこう感情移入しちゃうタイプなので。
あとはなんだろう? 複数で、っていうのはデビュー作で体験させてもらったんですけれど、もっと大人数の大乱交とかも経験ないし。これって、なかなかできるものでもないじゃないですか。

――それを作品の中でやってみたい?

結城 そうですね。今はプライベートで彼氏は作れないじゃないですか。だから作品でやってみたくて。
作品の中でも男優さんが疑似恋愛であっても、ぜったい興奮すると思うんですよ。ぜひ、そういう作品をできればなと思ってます。

――見た目は清楚で話し方もしっかりした人なのに、とんだスケベ野郎ですな!

結城 ですね。スケベ・ポケチン・マスターです(笑)

男優のセックスとプライベートのセックス

編集部 男優のセックスとプライベートのセックスって、改めて見るとどう?

結城 比べるのもよくないとは思うんですけれど、男優さんはやっぱりすごいんだなって思いました。プロだなあと。すごい楽しいっていうのはありました。

――それはピストンとかクンニとか? どのテクニックに対してそう思った?

結城 もちろんそういうのもあるし、女性のことを考えているなっていうのもあるし。
一番笑っちゃうくらいすごいと思ったのは、やっぱり潮吹きの技術とか。私はなかなか吹きにくいタイプだと思っていたんですよ。なんか、こんな出るん?みたいな。めっちゃ出るやん!ってビックリしました。あと、こんな体位でする?みたいなものもありましたし。純粋に楽しかったです。

――いい経験でしたね。

結城 はい。そういうところは私もAV女優としては足りないところなので、テクニックしかり、いろいろお勉強できていければなと思っています。

――今後、セクシー女優としてどんな活動をしていきたい?

結城 まずはその、AV女優として自分のエロい姿とか、そういうのを見てほしくて。たくさん作品にも出てみてもらえる機会があったら嬉しいなと思うのと、それをきっかけに自分の中で活動を広げて行ければいいなという思いが正直あって、それこそ杉本彩さんみたいに発信力をつけたいというのはあります。

――たとえば目標みたいなものはありますか?

結城 とにかくたくさんの人に知ってほしいです。個人的に歌の活動とかもしているんですけれど、歌を通して、性で悩んでいる女性や男性にもいろいろメッセージを伝えられたらなということもちょっと考えています。

編集部 歌のテーマが性に関連することなのかな?

結城 そういうのもちょっと考えています。いまちょっと作っているのが一個あるんですけれど、バンド活動をしていて。あと、Marukidoちゃんとかとも歌を作っていたり。

――バンドに関しては、るみなちゃんはボーカル?

結城 そうです。

編集部 作詞作曲もしてる?

結城 作詞はいちおう私が担当していて、作曲についてはちょっとメンバーで試行錯誤しながらというところなんですけれど。

編集部 ちなみにバンド名は?

結城 「ねことネコ」です。

編集部 ライブなんかはやってるの?

結城 予定としては4月に初ライブをしようとしていて、それまではコピバンみたいな感じでオリジナル曲も少ないんですけれど。そのバンド自体も「フェスに出たら解散」ていうのを目標に活動しているんで、ズルズルいくわけじゃなくてスパンッスパンッて感じなんです。なので、まずAV女優として有名になるっていうところにスパッといければ。エロい自分を見てほしいです。結城るみなのすべて。「とくと見よ!」と。これから頑張っていきたいので、みなさま、よろしくお願いいたします!

 

清楚な雰囲気でありながら性に積極的なるみなちゃん。ヘビーなAVユーザーでもあるとは驚きです。彼女の持つギャップ、皆さんもハマっちゃってください♡

結城るみな
生年月日:1995年4月25日
出身地:東京都
身長:165cm
スリーサイズ:B82-W59-H85
血液型:O型
趣味:映画鑑賞
特技:ジャズダンス
所属:Wish

■結城るみなの最新作はこちら
■Twitter:@yuki_rumina

ABOUT ME
刈田萬蔵
刈田萬蔵
オレ流三大欲求は、AV欲とロック欲と酒欲!