AVレビュー

青い静脈が走るはるなママの巨乳と赤ちゃん言葉に癒やされてくれ!【太田俊介】

AVライターレビュー

AVに精通したライター10名による作品レビュー。

【本日のレビュー】
メーカー:ONE MORE
出演:河北はるな

青い静脈が走るはるなママの巨乳と赤ちゃん言葉に癒やされてくれ!

はるなママは女子高生の白い制服がよく似合う。
「いらっしゃいませ」と男を迎え入れる。
いま流行中のJK風リフレなのである。
特筆すべきは、はるなママが最初から最後まで一貫して赤ちゃん言葉で接客すること。しかもはるなママは舌っ足らずの甘え声なので、よけい赤ちゃん言葉に破壊力があるのだ。
「ボクちゃんは赤ちゃんなんでちゅね。可愛いお口。ママだいちゅきって言ってごらん」 舌をカラませ合う。
紙おむつを毛深いボクちゃんにはかせ、ディープキス。
「うーん あ――ん(ちゅぱちゅぱ)アハン! ああー(ちゅぱちゅぱ)うーん……ああああ……ママのお口おいちいでちゅか? ボクちゃん、じゃあいっぱいお口できれいにしてあげるね」

はるなママの巨乳には左に青い静脈が4本、左に3本走っている。むしゃぶりつきたくなるおっぱいだ。
「ママのツルツル。ここに挿れちゃいまちゅよ。ああ、はいっちゃうよボクちゃん。ボクちゃんのおち●ちんズボズボ入ってる。すごい! ああ気持ちいい! ボクちゃんのザーメン、ママの子宮にいっぱい出していいんでちゅよ。あああああ……ママの中に一杯出ちゃった。すごいドクドクしている。ボクちゃんの白いのがいっぱい出て来た」

こんな赤ちゃん言葉の巨乳ママから求められたら、男の本望であろう。気づくと自分もしばらく脳内で赤ちゃん言葉が(笑)。

「ボクちゃん、ミルク飲みたくなってきちゃいました?」
おおっ、母乳プレイか!? と期待するも、ほ乳瓶で上からミルクを乳房に垂らすだけだったのは、残念。

本編動画を観る:『むっちり巨乳制服ママリフレ 河北はるな Vol.003 母性溢れるバブみ全開プレイ!!』


ABOUT ME
太田俊介
太田俊介
30年以上にわたり、AVを見てきたアラカン元実話系雑誌編集長。ジャンルでは人妻モノ、とくにNTR(寝取り/寝取られ)系が一番のお気に入り。そのほか、ギャル、SM系、企画モノも好んで見ている。
RELATED POST