AVレビュー

プロ野球12球団制覇!! 広島出身のお嬢さまはエッチ好き!!【松本祐貴】

AVライターレビュー

AVに精通したライター10名による作品レビュー。

【本日のレビュー】
メーカー:ONE MORE
出演:七瀬ひな

プロ野球12球団制覇!! 広島出身のお嬢さまはエッチ好き!!

本作でメイド姿のおねえさんとして登場するのは七瀬ひな。幼馴染のおねえちゃんが、借金を背負い、主人公の自宅に家政婦として来たという設定だ。
七瀬ひなは、2019年にデビュー。もともとは歯科衛生士をしていて、その後キャバ嬢に転職。そこでも成功をおさめ、明日花キララに憧れAV女優に挑戦。一番検索されるAV女優ランキングに登場するなど人気が高まっている。
広島出身でヤンキーっぽく見えるが、実はお嬢さま育ちだという。だが、初体験は16歳で、なんと相手はプロ野球選手! しかもその後、12球団の選手を全部制覇したというからただものではない。
「毎日(セックスをするのが)普通だった」というひな。どれだけエッチが好きなのか拝見しよう。

いきなりオナニーシーンから始まり、激しくアエぐひな。そこを主人公が見つけると
「おっぱい出ちょったね。ごめんごめん。見たいんじゃろ。見ちょっていいよ」と広島弁で対応する。
「たまっとったら勉強もはかどらんじゃろ。おねえさんが奉仕したるけん、気持ちよくしよ」
主観目線で、彼女がキスを迫る。ひなも、責められ、感じている顔は真に迫る。
「ぶち(スゴく)硬くなっとるじゃん。舐めてあげるね」
男のモノにチロチロと舌をはわせ、胸を寄せて奉仕を続けるひな。
「ご主人様とつながりたかったんよ」
安心したような表情で交接を楽しみ、体位を自ら変える。セックスをすることに喜びがあるのがわかる。それこそヌキポイントが高い。そして、細いボディーに中出しでフィニッシュ。
「いっぱい中に出たんじゃね。ふたりだけの秘密じゃよ」

ひなの話す方言はかわいい。きっとそこには、よそ行きの顔をはぎとった素顔があるからだ。エッチ好き、スレンダーボディーなど彼女を構成する要素はたくさんある。だが、出身県を隠すAV女優が多い中、胸を張って広島弁を話し、ファンに寄り添う彼女の姿こそが本当に尊いと思う。
本作のコスプレAVももちろんヌケるクオリティだが、いつかは七瀬ひなが本音を語るドキュメントも見てみたい。

本編動画を観る:広島弁が可愛すぎる僕だけのご奉仕お姉ちゃんメイド 七瀬ひな


ABOUT ME
松本祐貴
松本祐貴
1977年大阪府出身。編集者・ライター。大学在学中からライターとして活動、雑誌記者、出版社勤務を経てフリーに。執筆ジャンルは旅、グルメからカルチャー、エロまでと幅広い。著書に世界一周経験を記した『泥酔夫婦世界一周』など
RELATED POST