AVレビュー

むっちりGカップ美少女には縄と蝋燭がよく似合う【ブッシャー船橋】

AVライターレビュー

AVに精通したライター10名による作品レビュー。

【本日のレビュー】
メーカー:ドリームチケット
出演:野々原なずな

むっちりGカップ美少女には縄と蝋燭がよく似合う

ドリームチケットがおくる、野々原なずな演じる女子校生SMモノ。
緊縛、スパンキング、玩具責め、イラマチオ、鞭、蝋燭調教、拘束性交と、カラミはラストのみといった本格的な意欲作です。

内容は、SMの世界に興味津々のJK、なずなちゃんが、学校に秘密裏に活動しているSM倶楽部で、マゾヒストとしての自分を解放していくストーリー。
まず、学校で教師に制服を脱ぐようにいわれると、すでに緊縛された下着姿で……。ドラマ仕立ての演出がありますが、不必要に多くないので、世界観に没入できます。

美少女の野々原さんのむっちりとした肉体には、縄が似合います。
豊満なGカップの巨乳もさることながら、大きめの盛り上がった尻にも縄が食い込みます。そして、じゃっかん、だらしのない肉付きに、おぼこい顔に、ドSオジサンたちは興奮すること間違いでしょう。

この作品の良さは、縄の似合う彼女に、SM嗜好を仕込んでいく様をじっくり魅せることに尽きます。だから、早送りはNG。最後の全裸緊縛性交まで、ヌカずにギンギンにさせて、約100分間、一気観してほしい。

そのカラミの前にある、片足を釣り上げた蝋燭&鞭責めが、個人的にオススメ。結構ハードに責められているのに、彼女の乳首がギンギンに勃起。たぶん、この作品の中で、一番ガチガチに硬くしてるのではないかと思います。

実は彼女は漫画家でもある。性的虐待、引きこもりだった過去を描く実話マンガ『男性恐怖症だった私がAV女優になるまでの話』(新潮社)が発売中。こういった、彼女のバックボーンを含めて、本作品を観るとまた違った味わいがあるかもしれません。

本編動画を観る:縛られて、青春。 野々原なずな

ABOUT ME
ブッシャー船橋
ブッシャー船橋
就職氷河期にエロ本屋に潜り込んだロスジェネ世代。同期のみひろと同様に水着グラビアからハメ撮りまでをこなし引退し、ヒモとなる。3人同時進行するも面倒になりニートへ転身。現在はシャレオツな仕事しかしない仮性包茎として活躍。好きな喫茶店はセピア。