AVレビュー

実の弟だって何度も中出ししたくなる肉体!【安田理央】

AVライターレビュー

AVに精通したライター10名による作品レビュー。

【本日のレビュー】
KMP
出演:山本蓮加

実の弟だって何度も中出ししたくなる肉体!

両親を亡くして二人きりで暮らしてきた姉と弟。しかし姉が結婚して家を出ていくことに。明日、姉が他の男のものになるという日、我慢できなくなった弟はついに姉を押し倒してしまう……。
もうお互い大人になってるのに、一緒に寝ちゃったりしていたほど仲の良すぎる姉弟ですから、きっかけがあれば一線を超えてしまう可能性はあったのでしょうか。
無防備にノーブラの胸の谷間を見せちゃうような姉を、弟は押し倒し、両手首を縛って犯してしまいます。実の姉弟なんだからそれだけはダメ、と挿入を拒む姉。しかし弟は止まらない。すっかり挿入されているのに「抜きなさい、ダメ!」と叫ぶ姉がリアル。
その後、婚約者の男が泊まりに来るけれど、その目を盗んでキッチンでフェラやパイズリをさせたり、睡眠薬で眠らせて、その横でセックスしたりと弟はやりたい放題。でも、そんな弟の歪んだ愛情に、姉も次第に応えるようになり……と、まぁ、これは人妻NTRモノのバリエーションなわけですね。そして寝取る相手が実の弟というのは、なかなか興奮する関係性であります。

いや、それにしても山本蓮加ちゃん、いいですね。Gカップ美巨乳の素晴らしいプロポーションなんですが、ちょっとムチムチっとした肉づきが実にエロっぽいんです。
整いすぎていない生々しさがあるんですよ。柔らかくて揉み心地のよさそうなオッパイが特に絶品なのです。
絶対に関係を持ってはいけない相手である実の弟に愛撫されて、心ならずとも感じてしまう敏感ボディ。ラストでの身も心も解放しての全力セックスの激しさ。おいおい、まだ出すのかよ、と呆れてしまうほどに中出ししまくってしまう弟の気持ちもわかりますね。これは何度でも抱きたい身体ですよ!

ちょっと切ないラストカットもいい。こういうシーンを入れるだけで、AVもグッと引き締まるんですよ!

本編動画を観る:嫁いでいく姉と過ごす最後の1日。 山本蓮加

ABOUT ME
安田理央
安田理央
フリーライター/アダルトメディア研究家。80年代よりアダルト業界に関わり、その変遷をウォッチし続けている。主な著書に『痴女の誕生』『巨乳の誕生』(太田出版)『AV女優、のち』(角川新書)など。AVで一番好きなシーンは初脱ぎの恥じらい。