AVレビュー

上から目線系の痴女なのに感度がよすぎて勃起に弱いギャップがエロい!【バルク三鷹】

AVライターレビュー

AVに精通したライター10名による作品レビュー。

【本日のレビュー】
プレステージ/働く痴女系お姉さん
出演:斎藤あみり

上から目線系の痴女なのに感度がよすぎて勃起に弱いギャップがエロい!

漫画などにおいてキャラクターが人気を得るためには、実は長所よりも短所が重要なんですよね。すっごく美人だけど運動オンチとか、モデル系のクールビューティーなのにさびしがり屋さんとか。落差が人を引き付けるわけで、これはAVにも同じことが言えます。

ファーストシーンであみりちゃんは、OLさんを演じています。最初は社長に対して受け身ですが、オッパイへのセクハラタッチをきっかけに一変。
ハイヒールで社長の股間を踏みつけ、「なんで勃ってるの? めちゃめちゃ変態じゃん」と、超上から目線の淫語を連発する痴女に変身します。

と、ここまでなら普通の痴女。あみりちゃんがエロいのは、責めにめちゃくちゃ弱いこと。ちょっと乳首を舐められれば、すぐに乳首は勃起。吸い込まれれば、ビクンビクンと肩を揺らして本気で感じでしまいます。
さらに騎乗位になれば、最初は自分から腰を振ってリードしますが、社長の突き上げピストンに即イキ。またもや全身をビクつかせます。
チ●ポにすぐ負ける痴女なんて属性、男受け抜群すぎるでしょ!

本作は誘惑+コスプレがコンセプトで、その後も女教師、エステティシャン、ナース、メイドと続きます。

バルク的にオススメなのは、女教師。相手男優のチ●ポが理想の形だったのでしょうか、パンツ越しに手で触っているときに漏れてしまう素の笑顔が色っぽすぎます。
いざ、パンツを下せば「おっきいね」と目をキラキラ。正常位キスで舌を絡めれば、ぬちゃぬちゃという蜜音がどんどん大きくなってマジ絶頂。
責めでも受けでも「この子エロすぎ!」と興奮させてくれる全方位型痴女っぷり。お見事です。

本編動画を観る:働く痴女系お姉さん vol.12 働く斎藤あみりの5シチュエーション【MGSだけのおまけ映像付き+20分】

ABOUT ME
バルク三鷹
バルク三鷹
エロ本業界歴20年のライター&編集者。若手のころからAVページを担当し、企画から単体まで女優インタビューも多数こなしてきた。別名でエロラノベと官能小説も執筆。AVのジャンルでは、巨乳もの、ギャルものを好む。