AVレビュー

制服に下に秘められた爆乳&エロ尻の破壊力に悶絶!【安田理央】

AVライターレビュー

AVに精通したライター10名による作品レビュー。

【本日のレビュー】
ONE MORE/いいなり援●交際
出演:田中ねね

制服に下に秘められた爆乳&エロ尻の破壊力に悶絶!

人妻役など大人っぽい役の印象が強い田中ねねちゃんが、援●JK役ですか。どうだろうと思ったけど、おお、可愛いじゃないですか。なかなか似合ってます。ちゃんとJKっぽいです。女優ってスゴイ!
とはいうものの、Hカップの爆乳にムッチムチのヒップの持ち主である田中ねねちゃんですからね、そのダイナマイトボディは制服には収まりませんよ。

主観撮影なので、本当にJKねねちゃんとホテルで援●している気分を楽しめます。まずは、その豊満なボディをじっくりと味わいましょう。制服の下から現れる爆乳のド迫力。片手に収まらないボリュームと、スライムのような柔らかさ。色が薄くて大きな乳輪。おっぱい好きならヨダレを垂らしてしまいそうな逸品です。さらに両脚を広げさせて恥ずかしいところも、隅々までチェック。自分の指で開かせて、アソコもお尻の穴も奥までよーく見せてもらいます。「恥ずかしいです」を連発して顔を真っ赤にしながらも、健気に広げっぱなしにしているねねちゃんが可愛いのです。
そう、ちょっと気が弱そうで、何でも受け入れてくれちゃうねねちゃんなのです。最初はゴム挿入なんですが、ゴムだとイケないと言ったら、生挿入もOKに。「中に出さないなら、いいです」ということでしたけど、そりゃあ、もちろん中出ししちゃいますよね。それでも、怒らない優しいねねちゃん。
さらに、ブルマー姿でのオモチャオナニー視姦、スケスケセーラー服でのオイルセックスと、リクエストには何でも答えてくれます。

いや、しかし、JK役も似合うと言いましたけど、田中ねねちゃんの色気はやっぱり隠しきれないですね。感じてる時の表情の艶めかしさとか、ハメられて「イクイク」と叫びまくる感度のよさとか、こりゃあとてもJKには出せない色っぽさですよ(笑)。まぁ、そのミスマッチが、またエロいのですが。

本編動画を観る:いいなり援●交際 田中ねね Vol.001

ABOUT ME
安田理央
安田理央
フリーライター/アダルトメディア研究家。80年代よりアダルト業界に関わり、その変遷をウォッチし続けている。主な著書に『痴女の誕生』『巨乳の誕生』(太田出版)『AV女優、のち』(角川新書)など。AVで一番好きなシーンは初脱ぎの恥じらい。